かき・かく

ゲームが好きです。武器を作るのも好きです。

カイザのお面作った。

※過去記事の掘り起こしです。

「特撮でお馴染みの秩父のダムを見に行こう」
「じゃあ秩父のダムが似合うライダーのお面でも作ろう」

ということになったのでライダーマスクを作りました。

f:id:sue_vavava:20160922215835j:plain

主な材料

ライオンボード(ダイソーのEVAボード)、プラ板

手順とか

風船を使って型紙を作る。工作用紙で枠を組み、新聞紙で覆う。風船を取り除けば、曲面の展開図が完成する。

f:id:sue_vavava:20160922215836j:plain

型紙を元にボードを切り出す。グルーで接着し、球状に。接合部の隙間が目立つ場合はパテで埋める。ついでに顔の模様を仮止め。

f:id:sue_vavava:20160922215837j:plain

組み立てと塗装を考えた結果、まずは部品ごとに色を着けることに。中央付近を紫に着色、これは複眼の透けを見越して。

複眼。クリアのプラ板を円形に切り、ディバイダーを使って複眼模様を刻む。こちらはクリアパープルで軽く塗装。ピザを切り取る感じで半径を切り、いい感じに丸くし、グルーで接着。

顔のバツ印。黄色のEVAボードがあったので短冊状に。囲ったらそれっぽくなったのでそのまま採用。

そして全体の着色。複眼をはじめ全体にマスキングをし、黒スプレーを噴射しました。額の銀のラインについても周辺を塞ぎ、こちらは筆で。

f:id:sue_vavava:20160922215838j:plain

クラッシャー(口)もEVAボードを重ねることでそれっぽくする。

f:id:sue_vavava:20160922215839j:plain

頭を口をグルーで接着したものがこちら。

f:id:sue_vavava:20160922215840j:plain

幅を引き締める感じで口を接着し、黄色のひげを調整します。頬の造形は諦めて平面にしました、丸く切り抜いたボードを接着。額の銀ラインは筆で着色し情報を増やします。あとツノの厚み考えてなかったから補強。

f:id:sue_vavava:20160922215841j:plain

さいごに

突貫工事になったもののとりあえず完成。以前は「風船+新聞紙+洗濯のり」による張子で作っていましたが、今回はじめてボードを使ってみました。接合の角度や引張で思った以上に幅ができてしまい、たまご型にすべく強制を施しています(裏側にガムテープ)。

これ持って遊びに行きたいですね。新聞紙張り子に比べてすっごく軽いです。

(ライダーマスク/EVAボード、プラ板、他/延べ10日ほど)